採用情報

   2018年8月度 インターンシップ  
 
  • 実施日
  • 第一回:8月27~29日 3日間
    第二回:9月 3~ 5日 3日間
    第三回:2月25~27日 3日間
  • 参加した学生
  • 岩崎学園情報科学専門学校 9名
    日本工学院八王子専門学校 7名
    新宿情報ビジネス専門学校 1名
  • 業務内容
  • OJTとしての顧客管理システムの改修。
    開発環境:HTML、PHP、MariaDB(DB)
   
   インターンシップ生の体験談  
 
<日本工学院八王子専門学校 Mさん>
今回のインターンシップで学校の授業では得られない職場の雰囲気や実際に仕事をしている姿、プログラムの書く 速度や知識が非常に多くて、一つ一つが本当にためになりました。職場の人達は皆やんわりとした気さくな人が 多くて、初日はすごく緊張してしまいましたが二日目以降はリラックスして自分のペースで課題をやっていけたのが よかったです。自分は他にも2週間のインターンを経験していて、そこにはない雰囲気がここにもあって働きやすい 環境というのは人間関係もあるけれど設備や場所の広さにも意味があったんだなと思いました。 インターンシップが三日間しかなかったけれど楽しかったです。
   
 
    <岩崎学園情報科学専門学校 Aさん>
今回初めてのインターンで右も左もわからないような状態で緊張していましたが、周りの方や担当の方々の支えに より思っていたよりも機能の追加などができました。ほとんど教えてもらうことばかりでしたが少しでも理解できる 部分があったり自力でできることもあってうれしかったです。この先この業界にと将来の進路を決めたわけではあり ませんが、自分はこういうことにも興味があり楽しめるということは忘れません。これからも学校には通うので色々 なサイトを閲覧して自分でも作れるように勉強をがんばっていきたいです。 この三日間でたくさんのことにふれることができてよかったです。
   
 
    <新宿情報ビジネス専門学校 Kさん>
とても濃厚な三日間だった。初めてのインターンで、プログラミングを書いてお金をもらっている人たちと一緒の 空間でコードを書けたのは大きな 経験となった。学校でHTML/CSSを学んでいて、今まで見たことがないPHPとjQuery を実際に自分の手で書けて、他の人の力を借りながら機能が完成していって楽しかった。 最初、JavaScriptを使ってアニメーションなども取り入れてみたいと考えていたけど、いざ書いてみると思った以上に 難しく、既存のコードに何が書いてあるのかを理解するのに脳が蒸発しそうだった。 自校の先輩もいたことがあって、アットホームな感じがしてほっこりした状態で作業ができました。
   
   担当者からのメッセージ  
 
今年度のインターンシップでは17名の学生に参加していただきました。学生たちには、業務で行うような実践的な プログラミングを体験してもらい、この業界で働くイメージが膨らむようにしました。実践的なプログラミングは 初めてという学生も多く、初日はつまづくことが多いようでしたが、最終日には用意された課題を越えて自分なり の個性を表現できるほど開発が進む学生もいました。また、2日目に行った業務見学でシステム開発がどのように 行われているかが理解できたとの感想もあり、この業界のことを少しでも伝えられたかなと感じました。 これから本格化する就職活動でも自分の目で見て、自分に合った企業を選んでもらればと思います。